新宿美容外科ブログ

メンズ脱毛でお肌ケア

 

冬になると肌がカサカサして粉を吹いてしまったり、かゆみが出てしまったりするという方は、「乾燥肌」かもしれません。

ひげ剃りをする男性は、特に乾燥肌になりやすい傾向にあります。肌トラブルは避けたいけれど、乾燥する季節でも髭は剃らないといけないという男性は少なくないでしょう。

髭剃りの刃が肌にあたると、髭だけではなく肌の表面も一緒に削られるため、角質層に傷がついてしまいます。角質層には、肌表面の水分をキープし、細菌やウイルスなどが体内に侵入するのを防ぐ役割があります。

角質層がはがされると、肌は乾燥し、乾燥してできたすき間から異物が混入しやすくなるので、外部からの刺激を受けやすくなります。髭剃り後にヒリヒリや赤み、カサつき、吹き出物、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。この状態が続くと傷や炎症が悪化して、なかなか治らなくなってしまったり、毛穴が開きプツプツ、ザラザラのお肌や色素沈着になってしまいます。

カミソリ負けを防ぐために剃る手順、カミソリ前やカミソリ後のケアを入念に行うことが重要ですがカミソリ負けは毎日カミソリを使うことで細かな傷が重なり悪化します。

カミソリ負けの一番の対処法は「ひげを剃らない」

129544_top

ひげ脱毛をするとひげが細くなったり、生えてくる周期も遅くなるのでひげ剃りの回数をぐんと減らすことができます。今後ひげは生やさない!!という方は脱毛回数を重ねていただければひげ剃りはほとんどしなくて良い状態になりますので必然的にトラブルのないきれいなお肌になっていきます。

脱毛後は肌の水分がなくなりやすく一時的に乾燥しやすい状態になっているのでしっかりと保湿を行ってください。肌が乾燥しているとレーザーや光によるダメージを負いやすくなります。保湿した肌は、痛みが感じにくくなり、火傷や炎症のリスクも下げてくれます

ひげ脱毛と保湿ケアでカミソリ負けのないお肌を目指しましょう!!