新宿美容外科ブログ

頭皮も冬の準備を

冬と言えば肌の乾燥が気になる季節ですが、実は頭皮も肌同様に乾燥してしまう時期となります。冬の場合汗もかきにくいですし太陽による紫外線の影響も夏に比べると少ないため気を抜きがちな季節ですが、夏から秋にかけて受けた頭皮へのダメージも加わり抜け毛の原因を増やします。

  • 何が起こっているのか?

寒くなると、体を冷えから守るために血管が収縮します。とくに、外出時は頭部が露出しているため、体温が下がりやすく、血管収縮のため血行不良を起こします。血行不良になると、髪に必要な栄養が運ばれにくくなり水分が抜け頭皮は硬くなり乾燥を惹き起こします。

それだけでなく夏に比べて汗もかかないため、皮脂は毛穴の中から出て行かず、そのままになってしまうのです。冬の冷えた頭皮は皮脂が固まりやすくなっている為ベタつき、フケや吹き出物が発生します。

  • 乾燥すると・・・

血行不良により、頭皮のターンオーバーも正しく機能しないため、古い角質がたまり頭皮の老化を進行させます。頭皮に充分な栄養が運ばれなくなるのはもちろん、肌バリアの機能が大幅に低下することになり、外部からの刺激を受けやすくなります。ちょっとした刺激にも過剰反応を起こし、かゆみや炎症が発生します。痒いからといってガシガシ掻けば頭皮を傷つけますし、頭皮環境の悪化により抜け毛が増加する危険性が高まります。

  • どうすれば・・・

頭皮が乾燥しないように注意することと、保水と保湿に気を付けて頭皮の状態を常に良い状態に保つことが重要となります。

頭皮の乾燥を防ぐために、正しくシャンプーすることはとても大事です。洗浄力が強すぎず、髪と頭皮に優しいシャンプー剤を使用して、地肌を中心に洗いましょう。シャンプー前に、十分に髪を濡らしておくことも大切です。

またこの時期はお湯の温度を高めに設定されている方も多いと思いますが高温のお湯は、頭皮に必要な皮脂まで流してしまうことがあります。これは頭皮環境を悪化させ、薄毛の原因になります。少しぬるいと感じる38度ぐらいが最適と言われています。

全身の血行が悪くなれば、当然、頭皮の血流も悪くなります。湯船につかって体の血行改善を図ることが重要となります。湯船につかり体を温めることは乾燥して硬くなってしまった頭皮の毛穴を開かせ、汚れを落としやすい状態にしてくれたり、血行促進し栄養を行きわたらせやすく頭皮を柔らかい状態にしてくれます。

61s6wpb7cll__sl1002_-300x300

外出の際は身体が冷えないようにしたり、暖房を使用するときは加湿をするなど血行不良や乾燥しないよう心がけましょう。