新宿美容外科ブログ

髪の栄養

少しずつ過ごしやすくなってきましたが、夏のダメージが身体にも髪にも出てくる時期になります。本日は髪の栄養についてお話させていただきます。

健康的でつやのある強い髪を作るには大きく2つ条件があります。

それはしっかりした毛包が育つ健康的な頭皮強い毛幹が育つ健康的な体

そしてそれを作るのに特に重要な栄養が、たんぱく質・ヘルシーな脂肪・水・各種ビタミン・ミネラルです。

illust02

たんぱく質

髪の約90%以上はケラチンというタンパク質でできています。このケラチンを構成する元のアミノ酸であるメチオニンは必須アミノ酸(体の中で作れないアミノ酸のこと)なので、体の中では生成できません。食事でたんぱく質をとらないと、髪の原料は不足していくことになります。

タンパク質が不足すると髪が細くなるだけでなく、色素細胞の機能が低下して白髪が増えます。また、タンパク質は身体を構成する2番目に多い栄養素で臓器や神経細胞をつくり、修復する役割もあり、とても重要な栄養素です。

オメガ3脂肪酸

髪の毛幹を作ったり、頭皮の細胞膜を作ったり、頭皮や髪が乾燥するのを防ぐ油を作ったりするのに必要な成分。青魚によく含まれていることで有名なDHAやEPA、また植物油・ナッツ類によく含まれるαリノレン酸などは、このオメガ3脂肪酸に分類されます。不足すると髪が乾燥し、もろくなり、髪の毛の成長が遅くなり、ふけも増えます。

各種ビタミン

ビタミンは他の栄養素がうまく働くための潤滑油のような存在で、当然強くて美しい髪を作るためにも重要です。ほとんど体内で作れないので、食事でしっかりとる必要があります。ただし過剰摂取は逆に体によくないので注意。

ビタミンA

頭皮の新陳代謝を促進させ、健康に保つ働きがあります。欠けると乾燥しやすくなります。

ビタミンB群

たんぱく質を髪にするために必要。他にも頭皮の健康を維持したり、血行をよくする働きもあります。

ビタミンC

髪を太く強くするコラーゲンの生成を助けます。あとストレスを抑制してくれる働きもあります。髪にストレスは天敵なので、重要です。

ビタミンE

毛細血管を広げ、髪への栄養の運搬をスムーズにします。

ミネラル

ミネラルも体内で作れないため、食事での摂取が重要です。特に現代人はミネラル不足の人が多いといわれています。とりすぎても毒になるため、常識的な量をとるようにしましょう。

亜鉛

様々な酵素の材料になる重要なミネラル。また、抜け毛の原因である5αリダクターゼを抑制する働きがあるとされており、抜け毛対策にとっても重要な栄養素といわれています。

カルシウム

カルシウムが不足すると脳の神経細胞の働きが悪くなります(イライラするのはそのため)。すると髪の生成がスムーズにいかなくなり、脱毛の原因にもなり得ます。

セレニウム

とても強い抗酸化作用があり、髪の老化を防ぎます。

鉄分

血行を良くします。

2015-06-12a

健康で美しい髪を作るためには、「バランスのよい食事」「規則正し生活」が必須です。健康的な髪はあくまで健康的な体の上にできるもの。少しずつでも改善できそうなことから始めましょう。